訪問ありがとうございます!
うちの子になってくれてありがとう。
今日を忘れないようマンガを描きました。
どうぞよろしくおねがいします。

深夜2時。

あんこと麦が仕事部屋の本箱の上に上がってしまいました。
前のお話はこちらから
「夜中に暴れるのは・・・1」
「夜中に暴れるのは・・・2」

降ろそうとすると踏ん張って動かない麦。
どうにかして降ろさねば寝られません。
あんこ&麦STORY134
見たか人間の知恵を!

単にてんぱってただけなんですけどね・・・。

麦はカシャカシャ動くものが好きです。
クリップを走らせたら反応してくれました。

あやしいやつやー
DSC_1835


ちなみにあんこには無視されます。
「あんこは安くないで」
というオーラがばんばん出てます。

まあ、あんこはゆっくり一つずつ降りてくるので、放置して寝ました。
一件落着です。

「猫だから大丈夫やろー」
と思う方もおられると思います。
残念ながら麦は大丈夫じゃないので・・・。
怪我してからでは遅いので、注意を払ってます。

不思議なことに人がいない時は上がりません。
猫には猫の理由があるのでしょうね!

麦だって賢い~
50話「麦は賢い子」
麦のものはあんこのもの?
99話「頑張れ麦」
勇気を出して!
100話「頑張れ麦2」

ランキングに参加しています。それぞれ一日一回有効です。

↓お手数かけますが応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

↓こちらもよろしくお願いします!

絵日記ランキングへ 

ぼくのラインスタンプもはつばいちゅうやねん
lineicon

 
またあそびにきてね!