訪問ありがとうございます!
人間は心が揺れるのに。
よい子たちはいつもあるがまま。
そんな今日を綴っています。
どうぞ宜しくお願いします。

1-6からトイレ絡みの話が入ります。
苦手な方、お食事中の方はご注意ください。
すみませんすみません(´;ω;`)







このお話は少し遡った、麦が来た時のお話になります。

先日の12話に続き、13話、14話とライブドア公式おすすめ(絵日記)ブログ速報でご紹介いただきました。
ありがとうございます!
ちょっと重いお話の時もありましたが、前を向いて更新していきます。
どうぞよろしくお願いします!

遂に下痢の原因が特定できました!

いままでの話はこちらから
麦物語1-1 
麦物語1-2「茶トラ?」 
麦物語1-3「顔合わせ」 
麦物語1-4「クリーム色の猫」
麦物語1-5「トライアルは二週間」
麦物語1-6「猫のカゼ」
麦物語1-7「油断」
麦物語1-8「ちょっと仲良く」
麦物語1-9「出禁の男」
麦物語1-10「不安」
麦物語1-11「迷い」
麦物語1-12「ごめんね麦。」
麦物語1-13「いざ病院に!」
麦物語1-14「洗われる男」

風邪の薬を飲みきったら、いよいよ虫下しの薬です。
mugimono15

「対ジアルジア」のお薬、相当まずかったようです(´・ω・`)

しかしありがたいことに、ついに下痢が治りました!
長かった・・・。
ずっと辛かったろうに、麦。
父ちゃんと二人、胸を撫でおろしました。

ベッドには念のためカバーをかけました。
DSC_0476
アルミホイルや銀は猫が嫌がる、と読んで防寒シートをかけてみました。
結果は楽しく乗って遊んでました!
効果なし!(*´ω`*)

このころはまだトイレを済ませてない時は寝室は閉めてます。

先生は2.6キロでも大丈夫と言ってくれましたが、やはり痩せてました。
救いはあんこが丈夫なことでした。
麦が結構ペロペロしてましたが、あんこは白癬もうつりませんでした。
抵抗力(免疫)って本当に大事だと痛感しています。

麦は時々「う〇こムギー」と呼ばれました。
「きけんなねこ」でした(*´ω`*)
まだトイレ問題は解決していません。
が、お腹が治ったことで、対処法を模索することが出来ました。

ここまで約半月にわたりお付き合いいただきました。
時にへこみ、沈み、弱気になった自分たち。
いつも暖かく見守っていただき、感謝するばかりです。

そして返さなかったと思うけど、もしあの時返していたら。
きっと死ぬまで後悔したと思います。
麦が日々与えてくれるものが多すぎて、母ちゃん窒素しそうです。
いてくれるだけでいい。
そう思います。

色々ご心配をおかけしました。
おかげさまで今の麦はとても元気です。
もう、やせてません!

ぷりぷりやでー?
DSC_1432

麦のぷりぷり写真を持ちまして「麦物語第一章」締めくくりたいと思います。
ここまでのお付き合い、誠にありがとうございました!


尚、第二章は
「ぼくはきけんなねこ」
「さまよえる白癬」
等のラインアップを予定しております。

第二章はこちらから→

ランキングに参加しています。それぞれ一日一回有効です。

↓お手数かけますが応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

↓こちらも宜しくお願いします。

猫との暮らしランキングへ 

ぼくのラインスタンプもはつばいちゅうやねん
lineicon

 
またあそびにきてね!